夜をまとう

 


『夜をまとう』


夜をまとい、行ってしまおうか
とどまろうか、躊躇する

ひきよせられるのに とどまる
夜をまとい、もう心は行っているのに
躊躇するのは、朝がくることを知っているからだ

私に、明日が必要なのかどうなのか
誰も教えてくれない朝なのに
やってくることを知っているから
このまま目を閉じても、瞼に感じる希望の光


























calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

top

gallery

torinoko store

selected entries

categories

archives

profile

   

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM