朝霧は、気付かず前髪をぬらし

泣いたみたいになった。

山の向こうからの朝日の存在は

霧に隠れながらいつもより存在を大きくする。

細かな粒子は誰だろう

誰が私に、誰の思いが私にはりついたんだろう

誰の思いに私は気付いたんだろう

遠い遠い時代から変わらない思い。

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

top

gallery

torinoko store

selected entries

categories

archives

profile

   

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM