そして

 

 

 

そして

 

桜を待っていたけれど

桜が散ってくれてほっとする。

ピンクを忘れるほど緑になってくれと思うけど

咲き忘れていた山桜が、新緑に重なる

存在はまだまだ 

なんせ、誰も毎年待つんだから

 

けれども徐々に

色は濃くなりはっきりと

今年を実感させていく

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

top

gallery

torinoko store

selected entries

categories

archives

profile

   

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM